しめ縄
出雲大神宮について
vector_2.png

御祭神

vector_2.png
vector_2.png

おおくにぬしのおおかみ

大國主大神

大國主大神は、縁結びの神・福の神・または”だいこくさま”と慕われており、心の優しいだいこくさまが傷ついたうさぎを助ける『因幡の白兔』は、たいへん有名な神話です。国造りをはじめ、医療にも長けていたと言われており、たくさんのご利益を授けてくださいます。


『えんむすび』とは男女のご縁だけでなく、私たちが立派に成長し社会がより一層明るく楽しくなるための、人と人との出会いすべてが『ご縁』であり、それらを『むすぶ』ことなのです。皆さまがたくさんの『ご神縁』『福』をいただかれますよう、大神様にお取次ぎいたします。

また当神社は女性宮司ですので、打ち明けにくいお悩みなども遠慮なくご相談ください。

vector_2.png

御神格

vector_2.png
vector_2.png

国造りの神  縁結びの神  医療の神  農業の神  商業の神  幽冥の神

vector_2.png

御神徳・御利益

vector_2.png
vector_2.png

病気平癒祈願  健康長寿  神葬祭  御霊祭  など

縁結び  地鎮祭  家内安全  安産  学業成就  商売繁栄  開運厄除​

vector_2.png

参拝の作法

vector_2.png
vector_2.png
出雲大神宮_参拝作法
出雲大神宮_岡山
神さまのおはなし
 

いなばのしろうさぎ

神話『因幡の白兎』

因幡の白兎.jpg

むかしむかし、出雲の国に『だいこくさま』という神さまがいらっしゃいました。

ある日、だいこくさまと兄弟である八百万神(やおよろずのかみ)たちは、因幡の国(いなばのくに)に、八上姫 (やかみひめ) という美しい姫がいるという噂を聞き、みんなで会いに行くことにしました。旅を進めていると、体の毛を剥がされた一羽のうさぎを見つけました。兄弟神たちは面白がって、『海水で体を洗い、風に当たって乾かすと傷が治る』と嘘をつきました。うさぎは言われとおりにしてみると、痛みはますますひどくなってしましました。

 

それからずいぶん経ったころ、大きな袋を担いだだいこくさまが通りかかりました。兄弟神たちは、自分たちの荷物をだいこくさまに持たせていたので、遅れをとっていました。泣いている理由を尋ねると、うさぎは話し始めました。

「私はいつか自分の住む島から海を渡り、因幡の国に行ってみたいと思っていました。そこで、海にいるワニザメをだまして向こう岸に渡ろうと考えました。そして彼らに、『君たちの仲間と僕の仲間と、どちらが多いのか比べてみよう』と話し、向こう岸まで並べさせ、数を数えるふりをして彼らの上を渡って行きました。あと少しで因幡の国にたどり着くというところで、嬉しさのあまり『君たちをだましたんだ』と口を滑らせてしましました。怒ったワニザメたちは、私の皮をはがし、丸裸にされてしまいました。」

「それからしばらくして、多くの兄弟神さまと会いました。彼らを信じて言うとおりにしてみると、体はヒリヒリと痛み、ますますひどくなりました。」

だいこくさまは、うさぎに言いました。

「それはかわいそうに、川へ行って真水で体をよく洗い、蒲の穂をつけなさい。」うさぎは藁にもすがる思いで言われたとおりにしてみると、傷はたちまち癒え、体の毛も生えて、すっかり元の白うさぎに戻りました。

元気になり、喜んだうさぎは言いました。

「だいこくさま、あなたは本当に心の優しいお方です。八上姫は、意地悪な兄弟神さまではなく、あなたをお選びになるでしょう。」

そしてうさぎは誰よりも先に因幡の国に到着し、八上姫に全てを話しました。何も知らない兄弟神たちは、競って結婚を申し込みましたが、八上姫はそっけなくこう言いました。

「私はあなた方ではなく、これからここへお着きになるお方と結婚すると決めております。」そして、全ての申し出を断りました。

しばらくして、だいこくさまが到着されました。うさぎの言ったとおり、八上姫が選ばれたのは、心優しいだいこくさまでした。

『思いやりを持って行動していると、よい結果が待っている』

『人をだましたり、貶める行動をしていると、災いを招く』

この神話から、他人に対して行ったことは、自らに返ってくることを教えていただけます。また、だいこくさまが医学に長けており、正しい知識によってうさぎの傷を治癒させたことから『医療の神』とも言われる由縁が伺えます。