出雲大神宮_岡山
お知らせ

【2月】今月の手水舎 / 花手水

2021年1月31日



立春を控えて尚も、寒さ厳しい日が続いております。


さて、本日と2月1日は節分祭を斎行しております。

立春を迎える今月の手水舎 / 花手水をご紹介いたします。



出雲大神宮 岡山 神社 地鎮祭 手水舎 花手水 蝋梅 ロウバイ 唐梅 菊 元旦 迎春



◆蝋梅 (ロウバイ)

 花言葉:慈愛、ゆかしさ、先見



原産国の中国では『ラーメイ』と読み、別名『唐梅(カラウメ)』とも呼ばれるロウバイ科の花木です。『蝋梅(ロウバイ)』という名前のとおり、蜜蝋(みつろう)のように艶やかで透き通り、甘く香り高い黄色の花を咲かせます。また、玉梅(タマウメ)・茶梅(サザンカ)・水仙と並び、雪の中に咲く4種の花「雪中四友(せっちゅうしゆう)」のひとつでもあり、古くから文人画家に好まれています。控えめで可憐な花を咲かせるその姿は、花言葉からも伺えます。

鮮やかな菊とともに、ひと足早い春をお楽しみください。


なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、柄杓の使用は中止しております。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。​



※時期やお花の状態により、花手水がない場合もございます。



出雲大神宮 花手水ギャラリーはこちら