出雲大神宮_岡山
お知らせ

【4月】今月の手水舎 / 花手水②

2021年4月25日



初夏の気配が漂う季節となり、境内のハナミズキも見頃を迎えました。

さて、今月後半の手水舎 / 花手水をご紹介いたします。



出雲大神宮 岡山 神社 地鎮祭 手水舎 花手水 ハナミズキ 花水木



◆花水木 (ハナミズキ)

 花言葉:公平、返礼、華やぐ心、私の想いを受けてください



北アメリカ原産のミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木です。明治時代にアメリカ合衆国へソメイヨシノを贈った際、その返礼として日本に初めてハナミズキがもたらされました。アメリカを代表するお花の一つであり、州花としても愛されています。和名のハナミズキは、歌のモチーフになるなど可憐なイメージですが、英名では「犬の木」を意味する『Dogwood (ドッグウッド)』と呼ばれ、一説では犬の皮膚病治療にハナミズキの樹皮を用いたことに由来するそうです。



今月の手水舎では、毎月の花手水に加え、境内のお花もご紹介していければと思っております。不定期でお花を入れ替えておりますので、月中の変化もお楽しみください。



なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、柄杓の使用は中止しております。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。​



※時期やお花の状態により、花手水がない場合もございます。



出雲大神宮 花手水ギャラリーはこちら