出雲大神宮_岡山
お知らせ

【5月】今月の手水舎 / 花手水①

2021年5月2日



爽やかな風が吹きわたり、鯉のぼりが力強く泳ぐ季節となりました。

連休も始まり、昨日の朔日詣り(おついたちまいり)には多くの方々にご参拝いただきました。


さて、今月前半の手水舎 / 花手水をご紹介いたします。



出雲大神宮 岡山 神社 地鎮祭 手水舎 花手水 スノーボール



◆ビバーナム・スノーボール / 西洋手毬肝木(セイヨウテマリカンボク)

 花言葉:茶目っ気、誓い、年齢を感じる



ヨーロッパや北アフリカ原産のスイカズラ科ガマズミ属(ビバーナム属)の低木です。白いお花が雪玉のように見えることから『スノーボール』と呼ばれていますが、初夏に開花します。同じ時期に咲くアジサイやオオデマリにも似ていますが、スノーボールの葉は三叉になっています。花色がグリーンからホワイトに変化していく様は美しく、花言葉にある「誓い」のとおり、ウェディングブーケにも人気のお花です。



今月の手水舎では、毎月の花手水に加え、境内のお花もご紹介していければと思っております。不定期でお花を入れ替えておりますので、月中の変化もお楽しみください。



なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、柄杓の使用は中止しております。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。​



※時期やお花の状態により、花手水がない場合もございます。



出雲大神宮 花手水ギャラリーはこちら