出雲大神宮_岡山
お知らせ

【5月】今月の花手水①

2022年5月5日



爽やかな風の中、鯉のぼりが力強く泳ぐ季節となり、本日の端午の節句を迎えました。親御さまはお子さまのお健やかなご成長をお祝いされることと存じます。

そんな慶ばしい日に相応しい、今月の花手水をご紹介いたします。


出雲大神宮 岡山 神社 地鎮祭 手水舎 花手水 菖蒲 ショウブ アヤメ アルストロメリア シラン 端午の節句 こどもの日

菖蒲 -ショウブ-

花言葉:適合、勇気、嬉しい知らせ


ユーラシア大陸やアジアを原産とする、ショウブ科ショウブ属のお花です。

「菖蒲の節句」とも呼ばれる端午の節句は、1年に5回ある季節の節目「五節句」のひとつで、「端午」とは、5月最初の「午 (うま) の日」という意味になります。


古来中国では、旧暦の5月 (現在の6月) は不安定な気候や天災・戦乱など多くの災厄が重なったことから、さまざまな邪気祓いが行われていました。薬草や漢方にも用いられるショウブは、香りが強く邪気を祓うとされ、門戸に飾ったり菖蒲湯に入ると良いとされていました。


こうした風習は古くから日本の宮中行事に取り入れられ、無病息災や五穀豊穣祈願・厄除けなどにショウブを用いるようになりました。多くの歴史を持つ端午の節句は、現代では「こどもの日」となり、男の子の成長を祝う日として受け継がれています。

ショウブにアヤメ・境内のシランも添えた彩り豊かな花手水で、端午の節句をお祝いいたします。


今月の花手水では、毎月の花手水や境内のお花もご紹介していきます。また花手水は不定期で入れ替えておりますので、月中の変化もお楽しみください。



新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、柄杓の使用は中止しております。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。​


時期やお花の状態により、花手水がない場合もございます。