出雲大神宮_岡山
お知らせ

【7月】今月の手水舎 / 花手水②

2021年7月23日




梅雨明けとともに、蝉の合唱がにぎやかな季節となりました。


さて、今月後半の手水舎 / 花手水をご紹介いたします。



出雲大神宮 岡山 神社 地鎮祭 手水舎 花手水 ひまわり ヒマワリ 向日葵



◆向日葵 (ヒマワリ)

 花言葉:あなただけを見つめる、情熱、愛慕、崇拝


北アメリカなどが原産の、キク科・ヒマワリ属のお花です。太陽に向かい真っ直ぐに花を咲かせる姿は希望に満ち溢れ、見ているだけで元気がもらえます。ロシアの国花でもあり、鑑賞だけでなく食用としても馴染みのある、夏を代表するお花です。花言葉はどれも愛情深く、プレゼントにも大変喜ばれる向日葵ですが、花束の本数によってさまざまな意味を持っています。その一部をご紹介いたします。


・1本「一目惚れ」

・3本「告白」

・7本「秘かな愛」

・11本「最愛」

・99本「永遠の愛」

・108本「結婚」

・999本「何度生まれ変わっても、あなたを愛す」


ご自身の伝えたい気持ちを花束に込めて贈るのも素敵ですね。愛と希望に満ちた、夏の花手水をお楽しみください。


今月の手水舎では、毎月の花手水に加え、境内のお花もご紹介していければと思っております。不定期でお花を入れ替えておりますので、月中の変化もお楽しみください。



なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、柄杓の使用は中止しております。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。​



※時期やお花の状態により、花手水がない場合もございます。



出雲大神宮 花手水ギャラリーはこちら