出雲大神宮_岡山
お知らせ

【2月】今月の花手水

2022年2月26日



2月も下旬となり、なお残寒厳しく春が待ち遠しい日々でございます。

さて今月の花手水をご紹介いたします。


出雲大神宮 岡山 神社 地鎮祭 手水舎 花手水 桃 菜の花 菊

桃の節句

桃・菜の花・菊


来たる3月3日は「桃の節句」です。古代中国では五節句の「上巳 (じょうし・じょうみ) の節句」=「3月最初の巳(み)の日にあたる3月3日」に川で身を清める風習があり、それが平安時代の日本に伝わったことが起源とされています。中国では桃の花を清酒に浸した「桃花酒 (とうかしゅ)」が邪気祓いとして飲まれており、日本では桃の花が開花する時期でもあることから「桃の節句」といわれ、女の子の健康と幸福を祈願する行事として現代に受け継がれています。


また「桃の節句」には雛人形を飾り「ひな祭り」ともいわれます。「ひな」とは小さく幼いという意味があり、「人形」は紙や草木で人の形をかたどり、邪気をうつしてお祓いする「人形 (ひとがた)」に由来しており、大祓祭でも用いられています。


桃の花

花言葉:あなたのとりこ、気立てのよさ、チャーミング


桃・菜の花・菊をあしらった愛らしい彩りの花手水で、桃の節句をお祝いいたします。



今月の花手水では、毎月の花手水や境内のお花もご紹介していきます。また花手水は不定期で入れ替えておりますので、月中の変化もお楽しみください。



新型コロナウイルス感染症拡大防止対策により、柄杓の使用は中止しております。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。​


時期やお花の状態により、花手水がない場合もございます。